トップページ | Fender Japan STR-110HD (改) »

2010年1月 9日 (土)

Ibanez RG560 (改)

Rg550m_2 ジャンク品なので型番はよくわからないが、ジョイント部に書いてあった数字からの推測。

初めて自分で塗装したギターである。
きちんとマスキングして何度も重ね塗りする本格的な塗装を施したのはギターに限らず後にも先にもこれだけである。 死ぬほど面倒だったので参ったが。

元々は24Fギターが欲しくてジャンク品でGETした真っ黒けのギターだったのだが、カラスのようでどうも見ていて気分が悪くなるのでこうなった。(癒しの一環として日曜大工的なことがしたかったというのもあるが。)
光の加減で反射光が変わる「ミステリアスパール」という塗料を上塗りしたホワイトである。
でも元々キズだらけだったし、ムラだらけ&乾く前に触りまくりで実は近くで見ると結構きたないのだが、遠目には妖しい艶が非常に美しい。 ブラックの各パーツとのコントラストも見ていて落ち着く。 おかげで一気にオブジェに最適な一本に変貌した。

しかしカスタマイズしたのは色だけでは無い。
ピックアップをこれまたジャンクでGETしたEMG製(SA/SA/89)に自分で換えた。
リアの89はシングルに切り替え可能で非常に多彩な音が出せる。

EMGのピックアップを付けたのはこれで2本目なのだが、こちらのほうがEMGらしい感じがする。 ノイズの少なさも含めてアクティブピックアップ本来の実力がわかりやすい。
また、ボディの「鳴り」というのだろうか、非常に良く鳴り、弾いてると重い振動をお腹で感じる。 ハードロックギタリスト御用達のRGシリーズならではといった感じだ。(私はポールギルバートのファンでもあります。)
全体的に私好みの粒のそろったハイパワーサウンドで、EMG89とのマッチングはかなり当たった。

Ibanezorg 最近、ジャンクのメイプル指板タイプネックをGETしたので付け替えた。 ちょっと渋くなって、よりポールモデルっぽさが増した気がしてうれしい。

唯一の24フレット機というのもあり、手放したくない一本である。

右はオリジナルの状態→

購入:2000/9

|

トップページ | Fender Japan STR-110HD (改) »

Ibanez」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224108/47269600

この記事へのトラックバック一覧です: Ibanez RG560 (改):

トップページ | Fender Japan STR-110HD (改) »